読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

げーむざっき

いろんなゲームについて雑多に書くブログ

SV06:超越ウィッチについて考える。

シャドウバース

こんにちはー。ゆえぴーだよ。

今日は手札9枚に緩和を受け、新弾のダークネス・エボルブでも強化されそうな超越ウィッチについて考えてみたいなと思いまして。

今日もキーボードをカタカタするのです。

(8ターンで超越とか・・・コントロール涙目過ぎてきつい・・・)

 

超越ウィッチってなーに?

f:id:yueyar:20160919124512p:plain

Shadowverceにおいて、イザベルのクラス ウィッチのデッキタイプの一つ。

デッキの軸として次元の超越を用い、エクストラターンを獲得し、リーサルを目指すデッキです。

確実にリーサルである必要はなく、超越を2枚、3枚と使用し、相手になにもさせないことが可能であり、超越発動まで耐えしのぐことが出来れば勝利はほぼ確実といえるデッキでしょう。

その安定のためにはいかに相手の盤面を除去しながらドローを重ね7~8枚の手札を維持しながら、スペルブーストを溜めるか・・・というのが重要です。

 

ざっくりした型としては、フィニッシャーによって分けられて以下の例とか、

  • ルーンブレードサモナー
  • フレイムデストロイヤー
  • 力場+サモンスノー,ゴーレム
  • ペンギンウィザード
  • フラム=グラス

あとは細かい分け方にはなりますが、秘術をタッチするか、サタンが入るかなどの構築の違いはもちろん御座いますが。

 

回してみて気付いたこと

基本的な骨子は同じに、フィニッシャー枠を4枠程度確保できればOKじゃね?

つまり・・・これが今、私の使っている超越フラムグラスですが、

赤枠をルンブレに換えれば、ルンブレ型になりますよってことです。

f:id:yueyar:20160919131404p:plain

4枚なので、3+1もOKですし、2+2もOKです。これは2+2のパターンでの差し替えですね。

3+1の差し替えの場合には、2or1積みのスペルを追加や、光の道筋の追加、あとは魔導の力場を追加というのもありやと思います。

 

あ、細かいデッキレシピは・・・正直コピーの改変なので・・・あの・・・はい・・・。

フォロワーを極力排した(マーリン3+フィニッシャーのみ)構築です。

 

どうたたかうの?ちょうえつうぃっち

基本的にはキャントリップ(通常の効果に+1ドローがつくカード)をバシバシ使って手札を減らさずにスペルブーストを稼ぎます。運命の導きやマーリンで手札を増やしながらのキャントリップなしももちろん使っていきます。

手札リソースが命のデッキです。相手のカードをどのカードで除去するかをしっかり考えて使っていきます。

 

もう1点は、相手のデッキからのバーストダメージ最大が何点か。

例えば、ネクロ相手ではココミミハウルという6PPであほバースト飛ばしてくるのが怖いです(2+2+2+5=11点バースト)。なので、ネクロ相手には11点以下にならない程度に盤面を整理しながら戦う必要があります。まぁココミミハウルとか対策のしようがないですがね・・・。

バーストさえ避ければこちらは一方的に蹴りを付けられるのである程度のダメージは許容しちゃっています。私の場合。

 

最後にマリガンですが、私の場合は全力で次元の超越を掘りに行きます。

なぜなら・・・次元の超越以外で勝てないから・・・4~5ターン目に超越きても8ターン目とかに使えないから・・・。

なので初手超越なしの場合は全マリガン、有る場合は次に1コスを探しに行きます。

特に先攻1ターン目での知恵の光気持ちいいです。後攻1ターン目でスキブしてとりあえず2/2/2をブラストで飛ばすのも快感です。

 

総括

あくまで私見での超越ウィッチを考えるでした。

今後も構築の幅が広がるデッキだと思いますし、環境に合わせた柔軟性も輝くデッキだと思うので、楽しみです。

ではでは。